ご覧の皆様こんにちは。

びー・えむ・えー工房 の
工房長兼 講師を務めさせて頂いております、 秋岡です。

本日も、DIY・溶接教室の模様をお送ります。
今回の生徒さんは、
横浜界隈のLIVEハウスで、美声をお披露目しているという、
ミュージシャンのMさんがいらっしゃいました。

普段はヴォーカルのみの事が多いそうなのですが、
次回LIVEではギターを弾きながら歌いたいとの事で、
「サム・ピック」と言う指先につけるいわゆる「バチ」的なモノを
造りたいとの事でございました。


では教室の模様行ってみましょう♪
DSC00184
作品のラフスケッチで大まかな寸法などを決め、
鉄板を切り出していきます。


DSC00185

写真は蹴飛ばしという足踏み式のシャーリングです。とっても便利♪

DSC00186

ベルトサンダーという空圧TOOLで
切り出した鉄板を滑らかに成型して行きます。

DSC00187

スケッチ通りに鉄板を切り出して成型後の素材と市販のサムピック
ん、、市販のは丸まってるぞ!?  もしや、、、、

DSC00197

そうです、丸めるという大変高度な作業が必要なのでした。

DSC00189

丸棒を芯金にし、ひたすら叩いて曲げて行きます。

DSC00190

市販のモノと比べても良い曲げRになってきました。すごいです!

DSC00201

微調整の部分はあっきー先生がお手伝いします。
たまには真剣な顔するんだね、、って友人に笑われそうな写真です(笑

DSC00203

指先にはめて使うものなので、エッジの部分を耐水ペーパーで研磨し、
滑らかに仕上げます。

DSC00216

出来上がりが、コチラ。いかがでしょう?とても風格のあります。

DSC00215

無骨な感じで、ハンドメイドらしさがいい味出しています。

DSC00213

ちなみに、製作するにあたって、鉄、アルミ、チタンと
3つの素材で音を鳴らし、出音を検証してみました。
答えは、二人とも「鉄」で決まり。どれよりも深みのある鈴鳴り音が出ます。
「マイナーコード」な曲に最適です♪

DSC00211

テストがてら、聴かせていただきました。
良い感じでした~。

DSC00212

DSC00183

今日は生徒さんと一緒にワンちゃんも御来店でございました。
スカジャンがカッコイイ~♪


以下はMさんの感想です。

美大出身という事もあり、ハンドメイド的なモノに今までも興味があり、
木工工作などはやっていたのですが、金属加工は初めてで
とても面白かったです。ピックは指にはめて使うものなので、
微妙なサイズ合わせが大変でしたが、
満足できるものが出来上がりました。 
今回金属加工を覚えて、今後の工作の夢が広がりましたね。 


Mさん、お造りになったピックで素晴らしい音楽を
奏でてくれることでしょう。
御来校ありがとうございました。


DIY・溶接教室受講の予約・問い合わせは
TEL046-269-8181
下記BMAのHP問い合わせメニューより
メールでお問い合わせくださいませ。
株式会社BMA
DIY・溶接教室 びー・えむ・えー工房