ご覧の皆様こんにちは。

びー・えむ・えー工房 の
工房長兼 講師を務めさせていただく 秋岡です。

今回は、DIY・溶接教室の模様をお送ります。
今回の生徒さんは、
お仕事で庭園などの設計施工をされているという
Hさんでございます。

普段自然素材や石・コンクリートなどを扱うそうなのですが、
金属は初めてということで、素材に触れてみるというのが
今回の目的ということでございます。
勉強家なんですね~頭が下がります。

では教室の模様行ってみましょう♪
he (1)
作品のラフスケッチで大まかな寸法などを決め、
鉄板を切り出していきます。
写真は蹴飛ばしという足踏み式のシャーリングです。とっても便利♪

he (3)
直径12mmの丸棒も切り出していきます。
写真の道具はバンドソーというモノです。正確な寸法の切り出しに
使用します。
さぁ、どんなモノを造るんでしょうか?

he (4)
切り出した鉄板に無数の穴をあけて行きます。
これが結構な重労働だったようで、時間をかけて行っていました。

he (7)
穴開け加工が終わった板と丸棒を溶接して行きます。
溶接機はスター電器のルナ80タイプ・ノンガス仕様です。

he (9)
何やら箱状のモノが出来ていますね~なにになるんでしょうか?

he (8)
箱の上部に取っ手があった方がいいよね、、という事になり、
丸棒を酸素バーナーで曲げ、取手を造っていきます。

he (10)

で、出来上がりがこちら。
表面はあえて茶色の錆色を使っています。

he (11)
工場を暗くし、電気のスイッチを入れると、、ホラどう?

素敵な灯篭(とうろう)

の出来上がりでございますよ。

あまりに醸し出す光が幻想的で素敵だったので、
生徒さんと二人で拍手してしまいました♪♪



以下はHさんの感想です。

先日は秋岡さんのご指導のおかげでとても刺激的な体験が出来ました。

溶接というものに触れて今まで自分になかった考えを与えてくれました。

これから自分でも溶接という物を勉強し、高い次元での質問、ご相談をできるようにしていきたいとおもいます。


Hさん、今年も年始早々に造ってみたいモノがあるそうです。
クリエイティブで素晴らしいですね。


DIY・溶接教室受講の予約・問い合わせは
TEL046-269-8181
下記BMAのHP問い合わせメニューより
メールでお問い合わせくださいませ。
株式会社BMA